住まい紹介

契約から入居までの流れ

住まいを契約する場合には、だいたい次のような順番になります。

1

物件に関する
重要事項の説明

START!

1
2

重要事項説明書への署名・捺印
重要事項説明書とは ▾

3

手付金の支払
※下見時に申込金を納めている場合には、この時点で手付金に充当されるケースが多くなっています。

4

仲介手数料の支払

5

契約書内容の確認

1
6

契約書への署名、捺印

7

契約残金の振込み

8

鍵の受け取り

9

入居 
GOAL♪

1

上記のような流れとなります。
下見当日におこなうことは1〜5もしくは6までで、7は下見した日から引越日の2〜3週間前くらいまでに行なえばよい場合がほとんどです。
8、9は引越し当日になります。

最重要項目説明書

「重要事項説明書」という書類は、住まいの借り手である消費者を保護するために作成されています。
国(国土交通省)では、悪質な業者から消費者を守るため、契約するまでに必ず説明しないといけない事項について規則をつくり、それらをまとめた「重要事項説明書」という書類を説明しなければならないとしたのです。
重要事項の説明は宅地建物取引士が行なうことが法律で決まっています。
学生の住まい探して覚えておきたいことは、重要事項の説明は、

  • 必ず書面で行なわれること
  • 重要事項の説明は必ず宅建士によって行なわれる

ことの2点です。
説明中に納得できないことが出てくればきちんと質問しましょう。納得のいく説明がなければ契約しなければ良いのです。

住まい紹介TOP