大学パソコン・電子辞書Q&A(よくある質問)

ただ今掲載の情報は、2017年度の情報です。
2018年度に向けた情報は、12月下旬より順次更新を行っていきますので、しばらくお待ちください。

購入時によくある質問をQ&A形式でまとめました

Q,1家族と共用のパソコンがあるのですが…。

A マイパソコンを準備されることをお奨めします。特にレポート作成や卒論、就職活動の際にインターネットを活用して情報収集など、自分だけで使えるパソコン環境が必要です。また、メール等プライベートなものを受信することを考えても自分のパソコンを購入することをお奨めします。
軽量なモバイルパソコンですので、大学に持ってきて作業をしたり、学内無線LANサービスを利用してインターネットで情報収集も可能です。

Q,2○○学部ですが、パソコンは必要ですか?
A 学部を問わず必要です。学部により特性や使い方が違いますが、少なくとも以下の場面で必要です。

【大学内で】
レポート作成、ゼミや研究室での資料作成や発表、授業の履修登録などにも必要です。スマートフォンやタブレットだけでは、難しい場面が多々あります。

【就職活動で】
パソコンが無くては、就職活動のスタートすら立てません。
最近では、エントリーシートの作成や提出、Webテストでの入社試験などパソコンを使った採用活動が多岐に行われ、即時性が要求される場面が出てきます。

【社会に出て】
就職をするとパソコンを使わない人は絶対に居ません。
文系・理系関係なく大学生の間にパソコンを使えるようになっておくことが重要です。

Q,3パソコンを使うのが苦手なのですが…。

A ご安心ください!神戸大学生協では、パソコン基礎から大学生に求められるレポート作成能力、プレゼンテーション能力までを養う【PC活用講座】の実施や神戸大学生協が4年間サポートする【安心サポートパック!NEO】を用意しております。パソコンのセットアップから、苦手克服、困ったときの技術的サポートまで受けることができます。

Q,4大学生向けの電子辞書でないと授業でついていけないでしょうか?

A 電子辞書の買い替えをお奨めします。神戸大学では、TOEIC・TOEFLの無料受験を実施するなど、とても英語教育に力を入れた大学でもあります。大学の授業では、高度な内容を要求され、更に専攻分野では難しい専門用語も出てきます。高校レベルの辞書では載っていない、単語に複数意味があっても検索できない事が多々あります。高校生向け電子辞書は、大学受験で必要な語彙レベルまでしかサポートしていないのです。また、英語だけでなく第二外国語も必須となり、英語以外の語学も必要です。
将来、大学院進学や海外留学、就職と考えている方には、是非お奨めしています。
神戸大学生協では、【電子辞書活用講座】を無料で実施しています。
電子辞書の活用術や大学生向け電子辞書への乗り換え、購入を検討されている方、是非ご活用ください。
更に、大学生協だけの特典として、メーカー4年間保証(医学モデルは6年間保証)と手厚いサポート内容となっておりますので、在学中、安心してご利用いただけます。

Q,5今購入しないとダメですか?

A 台数限定の特別な商品の為、在庫が無くなり次第終了いたします。
例年、3月末頃には完売している事が多いですので、お早めにお申し込みください。

【PC活用講座】の締め切り………2017年4月7日(金)迄となります。

電子辞書は4月までの限定価格です。5月以降は通常価格での販売となります。

Q,6パソコンや電子辞書が壊れた時、どうすればいいの?
A

パソコンが壊れた時
神戸大学生協にパソコンをお持ちください。神戸大学内にある生協ですので、学校に来るついでにパソコンを預けていただけます。オプションの【安心サポートパック!NEO】にご加入いただきますと、修理でお預かりする間、無償で貸出機をご用意するほか、パソコンが起動しなくなった際にデータのバックアップ作業も致します
また年1回、メーカーの技術者が生協店舗内で【無料点検会】を実施しています。その場で、点検や修理を実施しますので、迅速な対応が可能です。

バックアップ作業は、データが物理的に損傷している場合等、できない事もございます。

電子辞書が壊れた時
神戸大学生協に電子辞書をお持ちください。生協以外に依頼しますと、メーカー4年間保証(医学モデルは6年間)の適応を受けられなくなります。メーカー保証内修理の場合は、無償で修理が可能です。液晶割れや液体こぼし等による故障は、メーカー保証外修理となりますが、アカデミック定額修理価格を適応し一般修理価格の半額程度で修理が可能です。在学中、安心してお使いいただけます。

Q,7下宿先でインターネットを申し込みたいのですが。

A 大学生協では、ケーブルテレビインターネット(J:COM<ジェイコム>)やOCN光(回線会社:NTT西日本、プロバイダ:OCN)をお取り扱いしております。インターネットについては、受験生・新入生応援会場にてインターネット相談窓口を設けておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

インターネット
お申し込み

大学パソコン・電子辞書TOP


新入生応援サイトTOP

ページの先頭へ