神大生のためのおすすめパソコン

現在、掲載の内容は2022年入学者に向けた情報です。
2023年入学者に向けた情報は、2022年11月以降順次更新していきますので今しばらくお待ちください。

Surface Pro7+

Surfaceペン+Surfaceタイプカバーセット

2021年
1月発売
最新モデル

Surface Pro7+について

主な仕様

  • Windows 10 Pro
  • CPU 第11世代 Core-i5
  • 8GB メモリ
  • SSD 128GB +microSDカード128GB
  • USB Type-A×1、USB Type-C×1
    microSDカード×1、3.5mmヘッドフォンジャック
  • 12.3インチ タッチディスプレイ
  • 約15時間バッテリー(一般的な利用シーンを想定)
  • 約770g(本体)+約310g(タイプカバー)
  • 急速充電機能(1時間で80%まで充電可能)

Surface Laptop Go

洗練されたデザイン
卓越したコストパフォーマンス

厚さ僅か15.69mm & クラムシェル型最軽量のSurface。セキュリティを高めたWindows 10 Pro搭載特別モデル。終日使えるバッテリー駆動時間、価格や性能、サイズ感のバランスが抜群なモデルです。

指紋認証付き電源ボタン

電源ボタンを押すと同時に指紋認証が行われ、瞬時にログインができ素早く安全にアクセスが可能です。

主な仕様

  • Windows 10 Pro
  • CPU Core-i5
  • 8GB メモリ
  • SSD128GB + ポータブルSSD240GB
  • USB Type-A×1、USB-Type-C×1、 3.5 mm ヘッドフォン ジャック
  • 12.4インチ タッチディスプレイ
  • 約13時間バッテリー(一般的な利用シーンを想定)
  • 約1.1kg

MacBook Pro

主な仕様

  • mac OS Big Sur
  • CPU Apple M1 チップ
  • 8GB メモリ
  • SSD256GB
  • Thunderbolt3(USB-C)×2、3.5 mm ヘッドフォン ジャック
  • 13.3インチ
  • 最大17時間
  • 約1.4kg

神戸大学生協オリジナルパソコン 7つの特徴

特徴1

軽量で長時間バッテリー

大学生になると学内だけでなくパソコンを使用する機会が増えます。
大学生協が提案するパソコンは「授業」「サークル」「アルバイト」など、毎日持ち歩いても負担にならない軽量さと、長時間使用できるバッテリーを搭載しています。

特徴2

学内のパソコンサポート窓口

パソコンのトラブル発生時は、学内の窓口にて4年間サポートします。
修理だけではなく「パソコンが動かなくなった」、「使い方がわからない」など、どんなことでも気軽に相談してください。

特徴3

4年後も安心して使える性能

神戸大学は「パソコン必携」の為、授業等パソコンの用途は多岐にわたります。
神戸大学生協が提案するパソコンは、神戸大学の推奨スペックに対応しており、必要なソフトのインストール等も問題なく使用できる性能の為、大学生活だけではなく、卒業後も安心してご利用できます。

特徴4

故障しても安心の4年間保証

大学生協のパソコンは、通常の1年メーカー保証モデルだけではなく、安心の「4年間保証モデル」もご用意しています。
また、メーカー保証ではカバーできない「飲み物をこぼしてしまった」「落として画面を割ってしまった」、などのアクシデントによる故障や破損にも対応できる動産保証も4年間備えています。

※機種によって保証内容は異なります。

特徴5

セットアップも安心なオリジナルテキスト&動画

「パソコンを買ったけど初期設定がわからない」、そんな方でも安心。生協で購入いただいた方には、パソコンを初めてさわる方でもわかりやすいマニュアルと、スマホで視聴しながらセットアップできる動画をご用意しています。授業までに必要なパソコンのセットアップはこれ1冊で解決できます。

特徴6

神大生の必須ソフト Microsoft Office

レポート提出やプレゼン、大学生活ではOfficeは必須のソフトとなります。
神戸大学は、 Microsoft とライセンス契約を結んでいるため、在学期間中Officeを無償で使用することができます。
また、生協では神戸大学とサポート業務の委託契約を結んでいますので、安心してご利用できます。

特徴7

大学生活でのパソコンの使い方を学ぶ
「神大生必須!パソコンスキル講座」

新入生向けパソコンの購入者向けに、パソコンを使いこなせるようになるための「パソコンスキル講座」を行っています。大学の授業では高校生とは違うレポートの書き方や発表の仕方が求められます。「パソコンスキル講座」で学んでいただき、スムーズに学生生活を始めてください。

特徴8

安心のWindows10Pro搭載

世界で10億台ものパソコンに使用されているWindows10は、様々な機器との互換性も実証済み!さらに、Proは多くの企業でも採用される厳しいセキュリティ環境のため、卒業後も長くご使用できるだけではなく、操作方法等わからない事があった時は、質問できる先輩やまわりの人が多いので非常に安心感があります。

4年間保証・アフターサポート

生協オリジナルパソコンの一番のおすすめポイントはそのサポート体制です。大学生活で安心してお使いいただけるように保証を充実させているだけでなく、学内にサポート窓口があり、学生スタッフが在中しているので不具合や故障の他、学内環境のことも迅速な対応が可能です。
他では真似できないサポート体制が生協パソコンが選ばれる一番の理由にもなっています。

パソコンは精密機器です。正しい使い方をしていても突然故障したり、水濡れや液晶割れ等の事故による故障が起こってしまうことがあります。特に最近ではオンライン授業が普及し、パソコンの使用頻度が増え、自宅で受講している際にうっかり飲み物をこぼしてしまったというケースが非常に多くなっています。

そんな時のために「4年間メーカー保証+4年間動産保証つき」をお選びいただくことを強くおすすめします。
ノートパソコンは通常1年間のメーカー保証です。

Surfaceシリーズの場合

MicrosoftComplete4年間保証(※有償)では1年間のメーカー保証が4年間に延長されます。さらにはアクシデントによる故障にも対応(最大2回まで)します。
またSurfaceシリーズは通常故障した際はマイクロソフトへエンドユーザーより直接修理依頼(故障や症状の判断は生協窓口でも対応)をしますが、延長保証に加入した場合は生協窓口より修理依頼が可能となります。
また家電量販店やMicrosoftストアでも加入できますが、アクシデントによる故障の場合、自己負担(免責)¥5,400が発生します。生協で加入した場合、この自己負担が発生致しませんので最大2回まで無償交換となります。

■マイクロソフトのメーカー純正保証(SurfacePro7+、SurfaceLaptopGo本体購入時のみ、一緒に加入できます。)

■保証の対象範囲

※Surfaceシリーズの保証期間終了後の有償修理交換費用は4~6万円程度かかる見込みです。延長保証に加入すると4年間は自己負担0円で修理対応いたします(アクシデントによる故障は最大2回までの対応となります。3回目以降は有償となります)。

MacBook Proの場合

TooCareforアカデミックワイド保証III(※有償)はメーカー保証1年間を4年間に延長します。
またアクシデントによる故障や破損にも1年間あたり最大15万円まで修理金額を保証。
(1年間毎に15万/12万/10万/6万と限度額が変動)
破損や水濡れなど、過失による事故の修理時、1回の修理につき5,000円(税込)の自己負担金(免責分)がかかります。

※修理費用が限度額を超える場合は超過分に加えて自己負担金5,000円が必要です。

保証対象範囲

生協パソコンのここがすごい!!

年間修理の46%が動産保証の修理です。
動産保証がなければ、ほとんどの修理で50,000円以上の修理代金が必要となります。
メーカー保証も4年間のため、購入年数が経っても安心してご利用いただけます。

年間修理件数256件

たとえば、こんな事例が…

修理費用 故障内容
¥53,980 お茶をこぼしてしまい、電源が入らなくなり、本体交換。
自己負担は¥0
¥118,000 イヤホンを画面とキーボードの間に挟んでしまい画面が破損。
自己負担は¥5,000