神大生の1日

現在、掲載の内容は2020年入学者に向けた情報です。
2021年入学者に向けた情報は、2020年11月以降順次更新していきますので今しばらくお待ち下さい。

理系、文系の2人に普段のスケジュールを尋ねてみました。一言に大学生といってもいろんな大学生がいます。
学部の勉強が楽しくて仕方のない人や部活や夢に大学生活を捧げる人など、言い出したらキリがありません。
「人生の夏休み」とも呼ばれる大学生活をどのように過ごすかは、スタートダッシュがとても重要です。最高のスタートをきれるように是非参考にしてみてください。

理学部1回生 女子
文化系サークル所属
下宿生
通学手段 : 徒歩

  • 7:00

    - 起床

    下宿生は家から大学まで近いので、ゆっくり寝てしまいがちになります。誰も起こしてはくれません。二度寝には十分気を付けて。

  • 8:00~
    8:30

    - 通学

    通学時間が短いのが下宿生のいいところ。ゆっくりしすぎて、逆に時間ギリギリになることもあります。

  • 8:50~
    12:10

    - 一、二限目

    理系の学生は少し授業が多め。なので、一回生のうちに出来るだけ単位は取っておきましょう。また理系であっても、一回生のうちは言語や一般教養などの授業で文系科目の授業もあります。

  • 12:10~
    13:20

    - 昼休み

    授業が多い日の昼休みは束の間の休憩。友達と話していると疲れていてもリフレッシュできます。また昼休みに活動をしているサークルもあるので、この時間中にサークルに顔を出す人も多いです。

  • 13:20~
    16:40

    - 三、四限目

    昼食後の三限目は少し眠いです。それでも頑張りましょう。せっかく大学に授業を受けに来ているのですから。受験勉強に比べれば、かわいいものですよ。

  • 17:00~
    21:00

    - サークル

    サークルは友達が出来やすいです。サークルの友達とは遊ぶ機会もたくさん!また、異性とよく出会う場所でもあるサークルで、恋人ができるといいですね。

  • 22:00~
    24:00

    - 自由時間

    下宿生はすぐに家に帰ることが出来るので、自由時間は自宅生より長めです。宿題をしたり、本を読んだり何でもできます。下宿生の中には夜に買い物に出かける人もいるみたいですね。

  • 24:00

    - 就寝

大学は高校とはかなり違うけどすぐ慣れるよ。ただ、授業の90分という長さだけは慣れない。

経済学部1回生 男子
運動系サークル所属
自宅生(兵庫)
通学手段 : 電車+徒歩

  • 6:20

    - 起床

    自宅生の朝は早い。住む場所によってはもっと早い人もたくさんいます。朝起きるたびに下宿生に羨ましさを覚えながら、重い足取りで駅に向かいます。

  • 7:00~
    8:40

    - 通学

    「あぁ、なぜ一限から授業なんだ。」そう思ってもどうしようもありません。満員電車に揺られて、眠気と戦いながら今日も神戸へ。 うっかり寝ちゃうと乗り過ごすこともあるので注意しましょう。やっと電車の苦痛から逃れたと思ったら、待ち構えるのは六甲の急坂。神大生に与えられた試練の一つです。

  • 8:50~
    10:20

    - 一限目

    余裕をもって着こうと思っていてもいつもギリギリ。ただ、遅刻だけはしないようにしましょう。

  • 10:40~
    12:10

    - 空きコマ

    空きコマの使い道は無限大。勉強しても、サークルをしてもOKです。JR六甲道駅付近は店舗や遊べる場所も多いです。ただ山の麓まで下りると、再び登るのが面倒です。

  • 12:10~
    13:20

    - 昼休み

    一回生の昼食と言えば、国文食堂です。一回生のほとんどが利用するので大混雑。時間差利用した方がいいかもしれません。 人がいっぱいいて席の確保が大変だけど、メニューは日替わりでたくさんあります。スーツ姿の就活生 やスポーツウェアの部活生がいたり、食堂は大学の感じを一番味わえる場所かも。

  • 13:20~
    16:40

    - 三、四限目

    専門科目の授業なら自分の学びたい内容も多いのが大学の授業のいいところ。ただ、専門家である教授の中には詳しすぎる人もいるのでついていくのに苦労する人も。頑張って話を聞いてついていきましょう。

  • 17:00~
    17:30

    - 移動
  • 18:00~
    22:00

    - バイト

    バイトと一言にいっても塾講師のような教育系や、レストランで働く飲食系など色んな種類があります。下宿生は賄いがもらえる飲食系のバイトに行きがち。自宅生は通学途中の場所でバイトができるのもポイント。また、バイト先はサークルなどの先輩に紹介されることが多いです。社員の人や雰囲気が優しいところだといいですね。

  • 22:00~
    24:30

    - 自由時間

    この時間までバイトをしていると、この自由時間に夕食をとることもしばしば。明日も早いのについだらけちゃう時間。

  • 24:30

    - 就寝

せっかくだから友達といっぱい遊んじゃおう!ただ、勉強も忘れないでね。

他にもこんな大学生活が!

兼サー大学生

大学のサークルは活動頻度や時間も様々。何個のサークルに入るかはあなたの自由!複数のサークルに所属する学生は曜日によって違うサークルに行けちゃいます。一般的に運動部の人は兼サーしない傾向があります。

サークル所属割合グラフ

アルバイト大学生

大学生になったら空いた時間が多くなります。お金をいっぱい持っている人は遊びに行けるけど...。
世の中そんなに甘くない。何個もバイトを掛け持ちして、遊びやデートに備えて今日もバイトへ。もはやバイトのせいで予定を立てにくい。出来ればなりたくないかも。

まとめ

あくまでも一例ですが、二人の生活を見て、参考になりましたか?最初は友達がいなかったり、緊張したり大変かもしれませんが、大丈夫です。 どの先輩も初めはそんな感じでした。大学生のうちは時間もあるので、やりたいことがたくさん出来ます。後悔のない大学生活をおくれるよう頑張ってくださいね。

生協学生委員会作成「新入生歓迎冊子うりぼー」より転載